pagetop
お問い合わせ

エージェント利用規約

株式会社オープンサイド(以下「当社」といいます)が運営するインターネットサイト「ウリゼロ」(以下「本サイト」といいます)において提供されるサービスを利用する利用者(以下「利用者」といいます)に対する不動産情報の伝達等を行うために必要な機能を有するシステム全体(以下「本システム」といいます)の利用を希望する宅地建物取引業者(以下「エージェント」といいます)は、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(規約および個別規約等の適用)

  • 本規約は、エージェントと当社との間の一切の法律関係に適用されます。
  • 当社は、本システムについて、当社の判断にて随時、個別規約を定めることができるものとします。また、当社は、エージェントとの間で個別契約を締結する場合があります。(以下、個別規約と個別契約を合わせて「個別規約等」といいます)
  • 本規約と個別規約等に相違がある場合には、当該個別規約等が本規約に優先して適用されるものとします。
  • 当社が本サイト上で掲載する注意事項等(以下「注意事項等」といいます)が存在する場合は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。

第2条(規約の変更)

  • 当社は、当社が変更の必要があると認めた場合、本サイトの目的に反しない限りにおいて、変更後の規約等の効力発生時期をあらかじめ定め、規約等を変更する旨と変更後の規約等の内容を本サイト上に掲載してエージェントに周知したうえ、本規約、個別規約等及び注意事項等(以下、これらをあわせて「本規約等」といいます)を変更する場合があります。
  • 前項の場合、前項記載の効力発生時期以後の本システムの利用については、変更後の本規約等が適用されるものとします。

第3条(エージェント登録)

  • 本システムの利用を希望する宅地建物取引業者(以下「エージェント登録希望者」といいます)は、本規約に同意したうえで、以下に定める手続きを行うものとします。
    • エージェント登録希望者は本規約の内容を熟読するものとします。
    • エージェント登録希望者は、本サイトにてエージェント登録申し込みを行うことにより、本規約に同意したものとみなされます。
    • エージェント登録希望者は、自己に所属する宅地建物取引士(以下「宅建士」といいます)のうち一人を、本システムを利用する登録宅建士として登録申し込みを行うものとします。また、自己に所属する宅建士のうち複数名を、本システムを利用する登録宅建士として登録することを希望する場合は、当該宅建士ごとにエージェント登録申し込みを行うものとします。
    • エージェント登録希望者は、会社名およびメールアドレス、免許番号、その他エージェント登録手続きの画面において当社が定める登録事項をすべて入力するものとします。なお、入力内容に誤りや不備があったことによりエージェント登録希望者が不利益を被ったとしても、当社は一切責任を負わないものとします。
  • エージェント登録希望者による登録申し込み完了後、当社は、エージェント登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合には、その旨を、エージェント登録希望者に通知します。当社が本項の通知を行ったことをもって、エージェント登録希望者は本サイトにおけるエージェント資格を取得するものとします。エージェント資格を取得したエージェント登録希望者を「エージェント」といいます。
  • 前項に定めるエージェント資格取得時に、エージェントと当社との間にシステム利用契約が成立するものとします。
  • エージェントは、本条第2項(3)の登録宅建士にも、本規約等を熟読させ、これを遵守させるものとします。
  • 当社は、エージェント登録希望者が以下に定める事由のいずれかに該当する場合、登録を認めない場合があります。
    • エージェント登録希望者が実在しない場合
    • エージェント登録希望者が、過去に、本規約等に違反したことにより、エージェント資格の停止や抹消が行われたことがある場合
    • エージェント登録申し込みの際に当社に届け出た事項に虚偽、誤記または記入もれがあった場合
    • エージェント登録希望者が、第7条第1項に定める各号のいずれかに該当する場合
    • エージェント登録希望者が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力等」といいます)である場合または反社会的勢力であった場合
    • その他、エージェント登録することを当社が不適切と判断した場合

第4条(システム利用料金の支払い)

  • エージェントは、本システム利用の対価として、当社が定め、本サイトに表示する料金を、当社が指定する方法により当社に支払うものとします。
  • エージェントが前項の支払を遅延した場合、エージェントは、当社に対し、当該未払料金に加え、再請求に伴う事務費用および当該未払料金に対する年率10%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  • エージェントは、社会経済情勢の変化、物価の変動等により第1項に定める料金が不相当に低額または高額であると客観的に判断できる場合、同料金を改定する場合があることを予め了承するものとします。

第5条(IDおよびパスワードの管理)

  • エージェントは、自己のIDおよびパスワードの管理について一切の責任を負うものとします。
  • エージェントは、IDおよびパスワードを第三者に貸与、譲渡、名義変更、売買等してはならず、また方法の如何を問わず第三者に利用させてはならないものとします。
  • IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はエージェントが負うものとし、当社は一切責任を負いません。
  • エージェントはIDまたはパスワードの盗難および第三者による使用を知った場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社から指示を受けた場合にはこれに従うものとします。

第6条(登録事項の変更)

エージェントは、登録事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第7条(提供情報の削除、システム利用の停止、システム利用契約の解除)

  • 当社は、次の各号に該当する場合、エージェントへの通知・催告なく、エージェントの提供した情報を削除し、もしくはエージェントによるシステム利用を停止し、またはエージェントとの本システムの利用契約等を解除することができるものとします。本条項に基づき当社が本システムの利用契約を解除した場合、エージェントの当社に対する一切の債務は期限の利益を喪失するものとします。
    • 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合または虚偽であると合理的に疑われる場合
    • エージェントから提供される情報の内容を当社が不適切と判断した場合
    • エージェントが本規約または個別規約等に基づく支払いを1回でも怠った場合
    • エージェントが本規約または個別規約等のいずれかの条項に違反した場合
    • エージェントが、支払停止もしくは支払不能となった場合、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくはこれらに類する手続の開始の申し立てを自ら行うか、もしくは申し立てられた場合
    • エージェントが宅地建物取引業法その他の法令に違反しまたは公序良俗に反する行為を行った場合
    • エージェントが反社会的勢力等に属していること、または属していたことが判明した場合
    • その他当社が不適切と判断した場合
  • 当社が、前項の規定に基づき提供情報の削除、本システムの利用停止または本システムの利用契約を解除したことにより、エージェントや第三者に損害が生じた場合であっても、当社に故意または重過失がない限り、当社は一切の責任を負わないものとし、エージェントの責任と負担において解決するものとします。
  • 本条第1項の規定に基づきシステムの利用が停止された場合であっても、エージェントは、その停止期間中においても第5条に定める料金の支払わなければならないものとします。

第8条(サービス等の内容の変更等)

  • 当社は、当社の判断で、随時、本サイトおよび本システムならびに本システムにおいて提供されるサービス(以下あわせて「本サービス等」といいます)の内容の一部または全部を、必要かつ相当と認められる限りにおいて、本サイト上に掲載する方法でエージェントに対して事前に周知したうえで、変更、修正、追加、廃止(以下「変更等」といいます)することができるものとします。
  • 前項に基づき当社が変更等を行ったことによりエージェントに損害が生じた場合であっても、当社は、当社に故意または重過失が認められない限り、エージェントに対して一切の責任を負わないものとします。

第9条(サービス等の停止等)

  • 当社は、次の各号のいずれかに該当すると判断した場合には、第1号についてはエージェントに対して本サイト上での相当期間前の予告をしたうえで、第2号以下についてはエージェントへの事前の通知を行うことなく、本サービス等の停止または中断を行うことができるものとします。
    • 本サービス等の提供に必要な設備の保守または仕様の変更等を行う場合
    • 天災地変その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、本サービス等の提供が困難な場合
    • 運用上または技術上の理由でやむを得ない場合
    • 本サービス等の提供に必要な設備等が何らかの事由により停止または破損した場合
    • 当社がやむを得ない事由により本サービス等の運営上、停止または中断が必要であると判断した場合
  • 前項に基づき、当社が本サービス等の停止または中断したことによりエージェントに損害が生じた場合であっても、当社は、理由の如何を問わず、エージェントに対して一切の責任を負わないものとします。

第10条(情報の管理)

  • エージェントは、利用者に情報提供するにあたっては、当該情報の正確性、信頼性、真実性等の一切において、責任をもって提供するものとします。
  • エージェントは、自らの責任において利用者に提供する情報の掲載・提供・維持・管理・更新および削除等を行い、そのために要する通信費等の費用はすべてエージェントの負担とします。
  • エージェントが利用者に提供する情報等や、利用者から得た情報等に関連して、エージェントもしくは利用者に損害が生じた場合、当社は何らの責任を負わないものとします。この場合、エージェントは、自己の責任においてこれを解決するものとし、当社に対して一切の迷惑をかけないものとします。
  • 当社は、本システムの運用およびサービス提供業務(以下「本業務」といいます)の全部または一部を第三者(以下「委託先」といいます)に委託することができるものとします。当社が委託先に本業務を委託するにあたり、第12条に定めるエージェントの秘密情報について、当該委託先は本規約に定める当社の義務と同等の秘密保持義務を負うものとします。

第11条(利用者との取引における当社の位置づけ等)

  • エージェントが本システムを通じて利用者に提供した情報や利用者から提供された情報に基づき、エージェントと利用者との間で成立した取引は、エージェントと利用者との間の直接の商取引であり、当社はいかなる形においても当該取引における当事者にはならず、かつ、当社は当該取引には一切関与しないものとします。エージェントと利用者との間の取引の法律関係は、エージェントと利用者のみに帰属するものとし、当該取引について宅地建物取引業法その他の法令規制の適用がある場合は、エージェントが責任をもって対応するものとします。
  • エージェントと利用者との間の法律問題、トラブル及び紛争については、エージェントと利用者が自らの費用と責任をもって解決するものとし、当社には一切の迷惑をかけないものとします。
  • 本サイトは、売主が仲介手数料を支払うことなく不動産を売却することが出来る不動産取引が売主・買主間で締結されることを原則としているものですので、エージェントは、売主の個別の明確な承諾がない限り、売主に対して仲介手数料その他の金銭を一切請求してはならないものとします。

第12条(秘密保持)

  • 当社とエージェントは、相手方の事前の書面による承諾なくして、相手方から開示された相手方の技術上、営業上その他の秘密(以下「秘密情報」といいます)を、本システムの利用中および本システムの利用終了後1年間は第三者に対して開示、または漏洩してはならないものとします。ただし、法令または官公署による開示要求についてはこの限りではありません。
  • 各当事者は、秘密情報を相手方に開示するときは、それが秘密である旨の表示を行うものとします。
  • 以下のいずれかに該当する情報は秘密情報から除くものとします。
    • 開示した時点で情報を受領した者が既に自ら所有していた情報
    • 開示時点で既に公知公用となっていた情報
    • 開示後情報を受領した当事者の責めによらないで公知公用となった情報
    • 正当な権原を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報
    • エージェントが利用者に提供する目的で当社に開示した情報
    • エージェントおよび利用者全般にまたがって集計された統計情報および当該統計情報に基づき当社が加工した情報

第13条(禁止行為)

エージェントは、本サービス等を利用するにあたり、次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。


  • 当社または第三者の著作権、知的財産権、その他の権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
  • 当社または第三者の財産、名誉あるいはプライバシー、人権等を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
  • 法令または公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
  • 本サービス等を通じて提供される情報を、第三者に開示または利用させる行為
  • 当社の運営や業務に支障を来す行為(執拗な問い合わせ、嫌がらせ目的の問い合わせ等を含むが、これらに限られない)
  • 第三者になりすまして本サービス等を利用する行為
  • 当社のネットワークまたはシステムに著しい負荷をかける行為
  • 当社のネットワークまたはシステムに不正にアクセス、または不正なアクセスを試みる行為
  • 本サービス等の運営を妨げる行為
  • 本サービス等を利用した営業活動、その他営利を目的とする行為(当社が認めた場合を除く)
  • その他当社が不適切と認める行為

第14条(エージェントの権利・著作権等)

  • 本サービス等に関する知的財産権は、当社または当社に知的財産権の使用を許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービス等の使用許諾は、本サービス等に関する当社または当社に知的財産権の使用を許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
  • 本サービス等を利用する際に投稿したデータ等の知的財産権はエージェントに帰属しますが、当該データ等を、当社もしくは当社が指定する者が、無償にていかなる目的にも自由に使用できることを、エージェントは許諾するものとします。この場合、エージェントは、当社もしくは当社が指定する者に対して著作者人格権を行使しないものとします。
  • エージェントは、エージェントが提供する情報等につき、第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。本項の規定に違反して紛争が生じた場合、エージェントは自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社および第三者に一切の損害を与えないものとします。

第15条(個人情報の取扱)

当社は、エージェントから提供を受けた情報が個人情報に該当する場合、当該情報を、当社が別途定めるプライバシーポリシーに従って適切に取り扱うものとし、エージェントは、当該プライバシーポリシーに同意のうえで、本サービス等を利用するものとします。

第16条(免責事項)

  • 当社は、本サービス等の利用または、本サービス等を利用できなかったことに関してエージェントに損害が生じた場合であっても、当社に故意または重過失が認められない限り、一切の責任を負わないものとします。エージェントは、これを承諾のうえ、自己の責任において本サービス等を利用するものとします。
  • 当社は、アクセス過多、その他予期せぬ原因による本サービス等の表示速度の低下や障害等によってエージェントに損害が生じた場合であっても、一切の責任を負わないものとします。
  • 当社は、エージェントの個人情報を扱う場合には、SSL(Secure Sockets Laver)等暗号化通信、その他適切な方法を用いて取り扱っており、第三者からの不正なアクセス、使用および漏洩、改ざんから情報を守るべく細心の注意を払います。ただし、万が一情報に対して第三者から不正にアクセス、使用および漏洩、改ざんされた場合であっても、当社に故意または重過失が認められない限り、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 当社は、本サービス等を通して利用者よりエージェントに提供される商品・サービス・その他の情報の内容に関する正確性、妥当性、真実性、有用性その他一切の事項について保証するものではなく、一切の責任を負わないものとします。エージェントが利用者と商談及び直接取引を行う場合には、エージェントは、当該情報の内容について、自らが当該情報を提供した利用者に対して直接確認を行い、情報の内容を吟味し、自らの責任において判断するものとします。
  • 当社は、エージェントと利用者との間における交渉・契約等の行為には一切関与しないため、会員及びエージェントの行為ついて何らの責任も負わないものとします。
  • 当社は、エージェントが本システムを通じて利用者に対し商談行為を行った場合、当該利用者からの応答があることを保証するものではありません。また応答内容がエージェントの希望に沿った内容であることを保証するものではありません。当社は利用者がエージェントに対して行う連絡その他一切の交渉について関与しないものとし、これらの行為に起因して生じた結果についても、一切の責任を負わないものとします。
  • 当社は、本サイト上に第三者の提供する広告、案内等を掲載することがあります。これらの広告等は提供者の責任で掲載されるものであり、当社はその正確性、適法性その他の一切について保証するものではなく、一切の責任を負わないものとします。
  • 当社は、本サイトから第三者のWebサイトへリンクする場合、または第三者のWebサイトから当社の運営するWebサイトへリンクする場合等において、第三者のWebサイトに関して一切の責任を負わないものとします。
  • 前各号の他、本サービス等の利用に起因するエージェントと第三者間の紛争の一切について、当社に故意または重過失が認められない限り、当社は何らの責任を負わないものとします。
  • 何らかの理由により当社が責任を負う場合であっても、当社は、エージェントの損害につき、過去12ヶ月間にエージェントが第4条に基づき当社に支払った利用料金の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、エージェントに付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益にかかる損害が生じた場合であっても、かかる損害について賠償する責任を負わないものとします。

第17条(損害賠償等)

  • エージェントが行った行為に起因または関連して、第三者に発生した損害については、当社は何ら責任を負わないものとし、当該エージェントは、自己の責任と負担においてこれを解決するものとします。
  • エージェントは、自らが行った行為に起因または関連して当社が被ったすべての損害、損失、費用(当社が第三者から損害賠償等を請求された場合を含みます)について、当社に対して、賠償、補償および補填するものとします。但し、エージェントの責めに帰することができない場合は、当社とエージェントとの間で損害の分担等について協議するものとします。
  • エージェントが行った行為に起因または関連して、第三者との間で紛争が生じた場合には、当該エージェントの責任においてこれを解決するものとします。当該エージェントは、当該紛争により当社が被った損害、損失、費用(当社が第三者から損害賠償等を請求された場合を含みます)について、当社に対して、賠償、補償および補填するものとします。但し、エージェントの責めに帰することができない場合は、当社とエージェントとの間で損害の分担等について協議するものとします。

第18条(準拠法・管轄)

  • 本規約および個別規約等の準拠法は、日本法とします。
  • エージェントと当社との間で、本サービス等の利用に関して生じた紛争については、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

第19条(規定外事項)

本規約および個別規約等に定めのない事項または本規約および個別規約等の解釈に疑義が生じた場合は、エージェントおよび当社は信義誠実の原則に則り、協議のうえ解決するものとします。

株式会社オープンサイド